昭和村を知る
くらし・手続き
観光情報
教育・文化
しごと・産業
行政情報
トップページ
-教育・文化-
《昭和村総合教育会議》
平成28年度 第1回総合教育会議を開催しましたのでお知らせします。
開催日 平成28年12月1日(木)


《昭和村通学路交通安全プログラム》
平成27年11月に昭和村通学路交通安全プログラムを策定しました。


 
《昭和村の奨学金制度について》
 村では下記の資格に該当した学生に対し、奨学資金を貸与する制度があります。
奨学資金貸与を希望される方は教育委員会(57−2164)へお問い合わせください。

資格
(1)高等学校、大学及び高等専門学校又は専修学校に在学又は入学が決定したもので、品行が正しく、学術にすぐれ健康であること。
(2)昭和村内に本人又は保護者が引き続き1ヶ年以上住所を有していること。
(3)経済的理由により、修学が困難と認められること。
奨学金の額
高校生 月額 30,000円以内
大学生 月額 50,000円以内
貸与期間
奨学生が在学する学校の正規の修業期間
奨学生の決定
奨学生選考委員会で審議し教育委員会教育長が決定します。
返還と猶予の免除
卒業の月の6ヶ月後から月賦で10年以内に返還。
昭和村の住民でかつ定住を希望する者は、本人からの願出により奨学資金返還発生時から5年間返還を猶予し、 返還を猶予された者が、引き続き在住し定住と認められたときは、本人からの願出により返還を免除されることができる。
出願手続き
「奨学生願書」及び「奨学生推薦調書」を在学校長を経て昭和村教育委員会に提出すること。用紙は教育委員会事務局にあります。
募集期間
3月23日から4月30日。5月中に決定し4月分から支給します。
お問い合わせ先
詳細については、昭和村教育委員会へお問い合わせください。
(電話 0241-57-2164)


《生涯学習》
生涯を通して楽しく学べる環境づくりを基本目標に、村民がいつでも、どこでも、だれでも学習できる機会と場所の提供を行っています。
生涯学習講座
豆料理教室
『豆料理教室』 平成29年3月
◇講師:昭和村学校給食センター栄養技師 皆川里美先生
「楽しく美味しく 豆活!」をテーマに、いろいろな種類の豆を使った調理方法をご指導いただきました。 大豆・ひよこ豆・金時豆・えんどう豆など、それぞれの豆の持つ特徴を活かして、キーマカレー・ミネストローネ・ビーンズサラダを調理しました。 身近にある材料で簡単に調理でき、アレンジのきくメニューに参加者から、「豆料理のレシピが広がった」「豆が沢山食べれるので嬉しい」など好評をいただきました。
『しめ飾り作り教室』 平成28年12月
◇講師:本名福二さん(村内下中津川地区)・五十嵐喜久男(村内大芦地区)
門口用のしめ飾り作りをご指導いただきました。 藁で作った芯(あんこ)を中に入れた3本のスゲの束をきっちり撚り合わせ、丸く形を整えました。 スゲのたれと松竹梅など自然の素材や縁起の良い紅白の紙垂、金の扇を飾りつけ立派なしめ飾りが完成しました。 幅広い年齢層の参加者で賑わい、地域の伝統の技を通じて交流も深まりました。
しめ飾り作り教室
『長床ウォークに行こう』 平成28年11月
喜多方市で開催の「秋の喜多方2016長床ウォーク」に参加しました。
コースには、歴史ある新宮熊野神社も含まれていて、 国指定重要文化財の長床の拝殿や喜多方市の天然記念物に指定されている 大イチョウと落葉したイチョウの黄金の絨毯など、幻想的な景観を楽しみました。 あいにくの雨模様の中でのウォーキングとなりましたが、 喜多方の歴史と自然を巡りながら8kmの道のりを完歩しました。
ステンドグラス教室
『ステンドグラス教室』 平成28年10月
◇講師:蔵のまちステンドグラス工房 蓮沼九美子さん(喜多方市)
喜多方市のステンドグラス工房でステンドグラスのクリスマスオーナメント制作を行いました。 カットされたガラスに専用のテープを巻き、それぞれのパーツをはんだで付けながら組み合わせていきました。 温かみのある柔らかな光で癒される素敵なオーナメントが完成しました。
『絵手紙教室』(全3回) 平成28年9月〜10月
◇講師:長谷川裕美先生(昭和中学校美術講師)
絵手紙の基礎から教えていただきました。 参加者は、それぞれに持ち寄った秋の植物などをモチーフに、自分の中のイメージを絵と文字で表現しました。 型にとらわれない自由な発想で、個性溢れる作品が完成しました。
絵手紙教室
陶芸教室
『陶芸教室』 平成28年9月
◇講師:三笑窯 菅野まりさん(村内大芦地区)
それぞれの作品に合わせて、板づくり・玉づくり・紐づくりの手法で粘土を成形しました。 布目や植物を利用して模様をつけ、アイディアを活かした作品が出来ました。 作品を仕上げる釉薬を決め、完成した作品をイメージしながら、 窯出しを楽しみにしている様子でした。(「千歳学級」合同開催)
『盆踊り伝統継承講座』(4回) 平成28年6月〜7月
◇唄講師:酒井モト子さん・本名ヨネ子さん・栗城ナミ子さん/笛講師:齋藤美紀夫さん/笛講師:太鼓講師:酒井聡志さん
6月から7月にかけて4回の講座で開催されました。 村内在住の講師5名のご協力のもと、それぞれの部門でご指導いただきました。 参加者は、子どもや若い世代が多く、地域の伝統を教わりながら、 世代間の交流も深めました。 講座の最後には、講師・参加者全員で輪になり、 盆踊り本番さながらの盛り上がりとなりました。 講座で練習した成果は、7月23日開催のからむしフェアの盆踊りイベントで披露されました。
盆踊り伝統継承講座
苔玉盆栽づくり教室
『苔玉盆栽づくり教室』 平成28年6月
◇講師:佐藤生花店 佐藤和宏社長(会津坂下町)
苔玉盆栽づくりを教えていただきました。 良く捏ねて丸めた土の中に植物(アイビー・サギ草)を埋め、水苔でくるみ、糸で巻いて形を整えました。 水苔を均一にきっちりと巻き付ける作業は、少し難しいところもありましたが、手際良く仕上げ、これからの季節にぴったりな涼しげで素敵な苔玉盆栽が完成しました。
『道具を使わない組紐づくり講座』 平成28年6月
◇講師:元興寺文化財研究所 小村眞理さん(奈良県)
指や手で組む、組紐づくりの基本の三種類をご指導いただきました。 指の入れ替えや、紐の取り方など、始めは、なかなか思い通りに行かず、ひと指づつ確認しながらの作業でしたが、序々にコツをつかみスムーズに組進めるようになりました。 講座修了後には、それぞれの個性がはえる色鮮やかなミサンガが完成しました。 (からむし工芸博物館合同開催)
道具を使わない組紐づくり講座
ハーブの教室(2)
『ハーブの教室(2)』 平成28年6月
◇講師:ハーブとスローライフの研究家 瀧田勉さん(郡山市)
たっぷりの夏野菜にオリジナルブレンドのハーブ.スパイスをふんだんに使ったキーマカレーと、ハーブナンを調理しました。 ブレンドされた20種類のハーブ・スパイスそれぞれに素晴らしい薬効があり、美味しくいただきながら、身体の内側から元気になれます。 試食では、カレーにぴったりの、爽やかなミントベースのハーブティーと一緒にハーブランチを堪能しました。
(保健福祉課「健康づくりセミナー」合同開催)
『ハーブの教室(1)』 平成28年5月
◇講師:ハーブとスローライフの研究家 瀧田勉さん(郡山市)
パンケーキとおいしいハーブティーをいただきながら、ハーブについてお話を聞きました。 ミントをメインにレモンバームやレモンタイムなどをブレンドした喉に優しい爽やかなフレッシュハーブティ ・気持ちを穏やかにするカモミールティー・肌を綺麗にする美容のハイビスカスティーの三種類を飲み比べ、 それぞれの味を楽しみました。
(保健福祉課「健康づくりセミナー」合同開催)
ハーブの教室(1)
アロマの教室
『アロマの教室』平成28年5月
◇講師: 株式会社「ヒーリングアース」 井上直哉さん・井上恵美さん(会津若松市)
やわらかな石鹸素地に、好みのアロマオイルをブレンドして香りをつけ練り込み、自由に形を作りました。 アロマオイルの持つ効能や使い方などお話いただき、自分にぴったりの効能と好みの香りに出会えました。 アロマの香りに包まれ心も体も優しく癒されました。
少年教室
開講式
『開講式』 平成29年4月
平成28年度少年教室開講式は、会津版下町の会津自然の家で野外クッキングに挑戦しました。 ピザ作りでは、生地から捏ねて発酵させ、玉葱・ピーマン・トマト・ハムなどで各々自由にトッピングし、 ダッチオーブンと使って焼き上げました。 バームクーヘン作りでは、竹をクルクル回しながら生地を巻き付ける作業を根気よく続け大きなバームクーヘンが出来ました。 炭起こしから調理・片付けまで、班で協力し合い楽しく活動出来ました。 手作りのアツアツのピザと甘い香りのバームクーヘンの味は格別で、 児童は「美味しい!」と、大きな口を開けて頬張っていました。
『閉講式:課外活動』 平成29年3月
新潟市で課外活動を行いました。 午前中は、NHK新潟ハートプラザで、実際に放送で使用しているスタジオを見学し、カメラに向かい原稿を読むキャスター体験、テレビ画面に入り込む合成映像体験を行い、テレビ局の仕事について楽しく学びました。 午後は、新潟日報社おもしろしんぶん館で、まるで新聞の中に入ったような展示を見学し、様々なしかけを体験しながら新聞製作の工程を学びました。 最新鋭の大型輪転機の印刷技術の迫力を目の前で体感出来ました。
閉講式:課外活動
スキー教室(2)
『スキー教室(2)』 平成29年3月
◇講師:昭和村スキークラブ
1回目の教室と同様にフェアリーランド金山(金山町)で開催されました。 今シーズン最後となるスキー教室では、子ども達は、確実にレベルアップした自信溢れる滑りでゲレンデを滑走していました。 なかでも1年生の滑りは、始めの頃に比べ目を見張るほどの上達ぶりでした。 春の訪れを感じる爽やかな晴天のもと、思いっきりスキーを満喫しました。
(主催:公民館「少年教室」/共催:昭和村スキークラブ)
『スキー教室』 平成29年2月
◇講師:昭和村スキークラブ
フェアリーランド金山(金山町)で開催されました。 学校で開催した2回のスキー教室での練習の成果が表れ、1年生もしっかりしたフォームで滑ることが出来ました。 また、高学年は、難しいコースに挑戦し、それぞれの技術の向上に努めました。 雪の舞う寒い中での教室でしたが、元気一杯ゲレンデを滑走し、スキーを楽しみました。
(主催:公民館「少年教室」/共催:昭和村スキークラブ)
スキー教室
ムシテックでクリスマス
『ムシテックでクリスマス』 平成28年12月
須賀川市のムシテックワールドで、クリスマス会を兼ねた課外活動を行いました。 様々な昆虫の不思議な生態を昆虫の目線で体験し楽しく学びました。 また、まるでマジックのような驚きの実験のサイエンスショーを見たり、片栗粉と水を使ったダイラタンシー現象の実験を通して科学の学習も出来ました。 クリスマスにぴったりな、カラーモール・フェルトを使ったミニクリスマスリースづくりと、色鮮やかな砂とロウで作った飾りを施した透明なクリスマスジェルキャンドルづくりにも挑戦しました。
『親子料理教室』 平成28年11月
「クリスマスメニュー」をテーマに、 パーティーにぴったりなカラフルでおしゃれなメニュー作りに挑戦しました。 高カロリーになりがちなパーティーメニューですが、 野菜をたっぷり使ったヘルシーメニューに仕上げ、 リボリータ(イタリアの野菜たっぷりスープ)・カラフル生春巻き・ 揚げないライスコロッケ・コップパフェの4品を作りました。 また、穴澤佳一さん(会津マジック愛好会副会長)と娘のゆりこさん、 お二人によるマジックショーが披露され、 子ども達は不思議なマジックに目を輝かせて楽しんでいました。 (保健福祉課「つみきクラブ」合同開催)
親子料理教室
ハロウィンパーティー
『ハロウィンパーティー』 平成28年10月
からむし織体験生23期生企画で開催しました。 子ども達は、それぞれの工夫をこらしたハロウィンの衣装に身をつけ、「Trick or Treat」を合い言葉に公民館ロビーに集まりました。 ドキドキ感のある暗闇の中にヒントや答えがある「宝探しなぞなぞ」と、ハロウィンの仮装をテーマにした「ハロウィンフルーツバスケット」で盛り上がりました。 仮装ナンバーワン投票も行われ、それぞれの自慢の衣装を披露しました。 ゲームで獲得した沢山のお菓子を手に、一足早くハロウィン気分を楽しみました。
『サッカー教室』 平成28年10月
◇講師:鈴木香澄さん・古泉裕也さん(会津サッカー協会指導員)
体育の日に昭和小学校校庭で開催されました。 準備運動では、変わりこおり鬼やボール渡しリレーなどで、楽しく体をほぐしました。 試合では、20個のボールを使ったゴールの競い合いで、ボールを追いかけ元気一杯コートを走りまわりました。 爽やかな秋空のもと、思いっきり体を動かしサッカーを楽しみました。
サッカー教室
陶芸教室
『陶芸教室』 平成28年9月
◇講師:三笑窯 菅野まりさん(村内大芦地区)
自分の作りたい作品に合わせて、板づくりや手ろくろを使った玉づくりで粘土を成形しました。 絵を書き入れたり、粘土で立体的な飾りをつけたり、工夫して自分だけの作品づくりを楽しみました。 焼き上がりの作品を手にするのが待ち遠しい様子でした。
『環境学習』 平成28年8月
午前中は、環境創造センター交流棟コミュタン福島で環境学習を行いました。 ゲーム感覚で体験出来る様々な展示を通して、自然エネルギーやエコ、放射線について楽しみながら学習出来ました。 球体の内側全てがスクリーンになっている環境創造シアターでは、360°映し出される迫力満点の映像に大興奮しました。 また、開催中の恐竜展で、骨格標本や化石も見ることが出来ました。 午後は、福島さくら遊学舎で、アニメの制作現場と企画展「特撮のDHA」を案内していただき、ぱらぱらマンガづくりにも挑戦しました。
環境学習
山っ子スクール
『山っ子スクール』 平成28年8月
三島町・金山町・昭和村、三町村の4〜6年生を対象とした児童交流事業「山っ子スクール」が金山町を会場に開催されました。 沼沢湖にテントを張り1泊する予定でしたが、大雨警報発令の為、内容を変更して1日だけの活動となりました。 中川町民体育館で、ドッヂビーやビーチバレーボールで対戦し汗を流し、沼沢湖で湖水浴を楽しみクールダウンしました。 また、町民センターでは、班ごとに協力して、カレーと野菜炒めを調理し、美味しくお腹いっぱい味わいました。 限られた時間の中でしたが、子ども達は交流を深め楽しい体験活動となりました。
『猪苗代体験学習』 平成28年7月
猪苗代ハーブ園では、各所に立つ干支の巨木彫刻と一面紫色に咲き誇る満開のラベンダー畑を散策しました。 また、野口英世記念館では、野口英世の生家や業績と生涯の展示を見学したり、 細菌の世界をゲーム感覚で体験し楽しく学びました。
猪苗代体験学習
親子料理教室
『親子料理教室』 平成28年6月
◇講師:昭和村老人クラブ女性部(笹巻き)/昭和村食生活改善推進員(調理)
「郷土料理」をテーマに、笹巻きづくりに挑戦しました。 重ね合わせた笹の葉に餅米を入れ、こぼれないように包み、紐で結びあげる工程は、初めて作る子ども達には、手が3本欲しくなる作業でしたが、先生方に丁寧に教えていただきながら、きれいな三角に整った笹巻き出来ました。 また、笹巻きを煮ている時間を利用して、先生方と一緒に輪投げやお手玉などの昔遊びを楽しみました。 (保健福祉課「つみきクラブ」合同開催)
『開講式』 平成28年5月
平成28年度少年教室開講式は、栃木県大田原市方面で課外活動を行いました。 なかがわ水遊園では、企画展「観賞魚コレクション」の色とりどりの生き物たちを観察し、 ○×クイズに挑戦しました。川の中の魚たちの生活の様子、世界最大級の淡水魚や珍しい古代魚などを見て触れて、 魚の世界を楽しく学びました。また、自然観察館では、貴重な世界のクワガタムシとカブトムシを見たり、 昆虫の視覚体験・力体験を通して、自然・昆虫についての知識も深まりました。
開講式
千歳学級
『開級式』 平成29年4月
平成29年度千歳学級開級式が公民館で行われました。 学級委員長には山川一夫さんが選任されました。 開級式後は、会津五色不動尊巡り(前半)として、 西会津町の「如法寺」(黄色:出発不動)と猪苗代町の「西勝寺」(白:奮起不動)の二つの不動尊を参拝しました。 如法寺では、御住職に貴重な法話をお話しいただき、心のこもったお経をあげていただきました。 参加者は、心が洗われるような清々しい気持ちで、 身心の若返りと幸福を祈願し「五色不動尊巡礼」への出発にふさわしい一日となりました。
開級式
閉級式
『閉級式』 平成29年3月
平成28年度の閉級式は、福島市で社会見学会を行いました。 福島県危機管理センターでは、大型映像機器が備えられた災害対策本部を見学し、防災グッズについて説明いただきました。 また、「災害に対する家庭の日頃の備え」についての講座に参加し、防災や災害が起きた時の対応について真剣に耳を傾け知識を深めました。 福島市産業交流プラザでは、福島市内製造業の自慢の製品や素晴らしい技術が紹介されていて、参加者は興味深い様子でそれぞれの企業ブースを見学していました。
『天神講』 平成29年1月
村子ども会の小学生・中学生と合同で開催しました。 「天神講」のいわれをわかりやすくお話いただき、お祀りした天神様の掛け軸と人形にお祈りを唱えました。 学問成就の願いを込めた習字もご指導いただきました。 また、かるた大会では、子ども達と一緒に札をめぐって盛り上がりました。 子どもの頃に戻った懐かしい気持ちで伝統行事を楽しみ、世代間の交流を深めました。
(保健福祉課・公民館「千歳学級」共催事業)
天神講
元気で長生き教室
元気で長生き教室
『元気で長生き教室』 平成28年11月〜12月
◇調理講師:昭和村食生活改善推進員
村内6カ所で開催されました。 午前中は、塩分とカロリーを控えたバランス献立の調理実習を行いました。 香辛料や酢などを上手に使うことで、少ない塩分量でもしっかりした味付けになり、また調理の方法次第でカロリーを減らしても美味しく仕上がると、試食で実感しながら味わいました。 午後は、公民館の出前講座で和紙のティッシュボックス制作を行いました。 自分の好みに合わせて和紙を選び、しっかり組み立てた箱に綺麗に糊付けしました。 ティッシュの取り出し口を開けず小物入れにする方もいて、それぞれの用途に合わせて仕上げ完成品を楽しみました。
(保健福祉課・公民館「千歳学級」共催事業)
『法律教室』 平成28年11月
福島県司法書士会主催の「暮らしの法律教室」に参加しました。 第1部は司法書士の先生に「相続や登記などの財産管理」についてお話いただきました。 第2部は個別の法律相談コーナーを設け、希望者それぞれの相談へ丁寧に対応していただきました。
(後援:社会福祉協議会/公民館「千歳学級」)
法律教室
『全会津芸術振興大会参加』 平成28年10月
金山町で開催の全会津芸術振興大会に参加しました。 現地視察研修では、歴史と伝統ある宮崎八景を散策しました。 地元の芸能発表では、三番叟・民謡・金山小学校児童による合奏が披露されました。 また、講演会では、金山八景について和歌の解説を交えながらお話いただきました。(文化協会合同)
『陶芸教室』 平成28年9月
※「生涯学習講座」と合同開催
押し花アート教室
『押し花アート教室』 平成28年8月
◇講師:アトリエ四季の花 芳賀多喜子さん(会津若松市)
押し花を使ったプレートを制作しました。 木のプレートの上に、からむしの葉で作ったトトロと色とりどりの押し花を並べてデザインしました。 同じ材料を使っての制作でしたが、それぞれの個性が現れた素敵な作品が完成しました。
『松竹大歌舞伎鑑賞会』 平成28年7月
2回目の芸術鑑賞会として、福島県文化センターで開催の「松竹大歌舞伎」を鑑賞しました。 市川染五郎の挨拶で始まり、「松浦の太鼓」の芝居と「晒三番叟」「粟餅」の舞踊など、 本格的な日本の古典芸能に感銘を受けました。
『喜多方 史跡と蔵巡り』 平成28年6月
願成寺の会津大仏(国重要文化財)、熊野神社長床(国重要文化財)と木造文殊菩薩騎獅像(県重要文化財)など、由緒ある文化財を参拝しました。 また、様々な蔵が立ち並ぶ「蔵の里」を見学し、蔵づくりの文化に触れました。 喜多方ラーメンなど地元の名物も味わい、喜多方市巡りの一日を満喫しました。
喜多方 史跡と蔵巡り
『芸能鑑賞会』 平成28年5月
千歳学級の芸能鑑賞会として、会津風雅堂で開催の「特選落語会 二人会」を鑑賞しました。 笑点メンバーの三遊亭円楽・三遊亭小遊三の豪華共演による生の落語を聞き、その巧みな話芸に、 終始大きな笑いが沸き起こり、楽しい時を過ごしました。
開級式
『開級式』 平成28年4月
平成28年度千歳学級開級式が公民館で行われました。学級委員長には本名ヨネ子さんが選任され、 今年度の活動内容等について話合いました。開級式後は、新年度の活動のスタートとして、 福島市での社会見学会「名画と春の花見山」を行いました。 福島県立美術館では、開催中の「フェルメールとレンブラント展」を訪れ、日本初公開の傑作をはじめ、 オランダ絵画の名作を鑑賞しました。 また、花見山公園では、ガイドの方に花見山の由来や花々の説明を聞きながらのんびり散策しました。
「こんなことが学びたい」など希望がありましたら、公民館までお問い合せください。


《昭和学講座》
昭和村に生まれたことに感謝し、 昭和村で育つことに自信と希望を持ち、 昭和村で生きることに誇りと生きがいを抱くことができるように」 との願いを込めて実施している「昭和学」講座です。

日時
会場
内容

5/2(火)
13:40〜
15:30
昭和村公民館
2階 研修室
  • 講話「 命と健康を守る仕事 〜私はこうして医師になった〜 」
  • 昭和小・中生対象「キャリア教育講演会」を兼ねて開催
  • 講師 (大芦出身、白河市)いがらし内科クリニック
         五十嵐 盛雄 氏

5/13(土)
  〜
5/17(水)
昭和村公民館
1階・2階 ロビー
  • 総合美術展 全国屈指の美術家集団「ランプ」グループ美術展
  • 書・洋画・日本画・工芸・陶芸・彫刻等、香り高い芸術作品の数々
  • 時間 9:00〜17:00(5/17は9:00〜15:00)

6/10(土)
14:00〜
15:30
昭和村小野川
生涯学習センター
  • 講話「 『会津農書』にみるカラムシの民俗と民具」
  • 貞享元年(1684)に佐瀬与次右衛門が著した農書を読み解く
  • 講師 元福島県立博物館学芸員 佐々木 長生 氏

7/8(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 研修室
  • 講話「 会津の歌舞伎史を訪ねる 〜南山御蔵入領農村舞台〜」
  • 中向・喰丸・大芦・小中津川・小野川・野尻にもあった舞台の話
  • 講師 奥会津博物館文化財等研究員 渡部 康人 氏

8/3(木)
15:00〜
16:30
昭和村公民館
2階 研修室
  • 講話「 子どもたちに生きる力を 〜昔話と教育〜」
  • 「昭和村立小・中学校教職員研修会」を兼ねて開催
  • 講師 三島町西方在住の語り部 五十嵐 七重 氏

8/5(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 研修室
  • 講話「 苧麻をめぐる物語 〜奥会津昭和村と宮古・八重山の暮らしと文化〜」
  • 講師 京都造形芸術大学卒業生・大芦在住 須田 雅子 氏

9/16(土)
14:00〜
15:30
昭和村小野川
生涯学習センター
  • 講話「 教育は僻地から 〜子どもたちが教えてくれたこと〜」
  • 昭和中学校の本校と分校に勤めた寄金先生の、名調子がよみがえる
  • 講師 元昭和中学校教諭・元柳津町教育委員会委員長
      寄金 勉 氏

10/7(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
1階 ホール
  • 民話交流会「 あなたの心に灯をともす 〜なつかしき民話の世界〜」
  • 昭和と郡山の民話の会が協力して、心あたたまる民話をプレゼント
  • 昔ばなし 昭和村民話の会・郡山民話の会の皆さん

11/11(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 研修室
  • 講話「 昭和村の昆虫 〜調査報告会〜」
  • からむし織の里に息づく、小さな生き物たちの記録
  • 講師 福島昆虫ファウナ調査グループ代表 斎藤 修司 氏
10
12/2(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 研修室
  • 歌の集い「忘れ得ぬ歌 〜村の暮らしと、あの唄この歌〜」
  • 「ダイモチ引き木遣り」唄、「早乙女踊り」唄、「祝言」の唄、「盆踊り」唄、「昭和」の時代の流行歌等をご一緒に
  • 進行 本名 幸平
11
1/6(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 研修室
  • 講話「 昭和村の縄文時代 〜数千年前の響きが聞こえる〜」
  • 該博な知識、調査研究への情熱、縄文時代を解き明かす第一人者
  • 講師 昭和村文化財保護審議会委員長 菅家 博昭 氏
12
2/3(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 研修室
  • 講話「 歳時記を呼吸した男 〜菊地仙三、俳句の魅力〜」
  • 『寒雷』の加藤楸邨の流れをくむ菊地仙三、その豊かな感性を語る
  • 講師 昭和村教育委員会教育長 本名 幸平
<問い合わせ先> 昭和村教育委員会事務局 電話 0241−57−2164


《昭和小学校》(村内 小学校1校)
昭和小学校
○昭和54年11月10日 現在の校舎落成
○昭和55年3月31日 下中津川小学校、大芦小学校、喰丸小学校が統合し、
  昭和小学校となる。

所在地大沼郡昭和村大字下中津川字二十苅255番地
電話0241−57−2202
学年別児童数(平成27年5月1日現在)
学 年
1年
2年
3年
4年
5年
6年
合計
児童数
3
6
4
6
4
7
30


《昭和中学校》(村内 中学校1校)
昭和中学校
○昭和59年8月31日 現在の校舎落成

所在地大沼郡昭和村大字下中津川字中島向1755番地
電話0241−57−2201
学年別生徒数(平成27年5月1日現在)
学 年
1年
2年
3年
合計
生徒数
4
5
11
20