昭和村を知る
くらし・手続き
観光情報
教育・文化
しごと・産業
行政情報
トップページ
-教育・文化-
《昭和村総合教育会議》
平成29年度 第1回総合教育会議を開催しましたのでお知らせします。
開催日 平成29年5月11日(木)


《昭和村通学路交通安全プログラム》
平成27年11月に昭和村通学路交通安全プログラムを策定しました。


 
《昭和村の奨学金制度について》
 村では下記の資格に該当した学生に対し、奨学資金を貸与する制度があります。
奨学資金貸与を希望される方は教育委員会(57−2164)へお問い合わせください。

資格
(1)高等学校、大学及び高等専門学校又は専修学校に在学又は入学が決定したもので、品行が正しく、学術にすぐれ健康であること。
(2)昭和村内に本人又は保護者が引き続き1ヶ年以上住所を有していること。
(3)経済的理由により、修学が困難と認められること。
奨学金の額
高校生 月額 30,000円以内
大学生 月額 50,000円以内
貸与期間
奨学生が在学する学校の正規の修業期間
奨学生の決定
奨学生選考委員会で審議し教育委員会教育長が決定します。
返還と猶予の免除
卒業の月の6ヶ月後から月賦で10年以内に返還。
昭和村の住民でかつ定住を希望する者は、本人からの願出により奨学資金返還発生時から5年間返還を猶予し、 返還を猶予された者が、引き続き在住し定住と認められたときは、本人からの願出により返還を免除されることができる。
出願手続き
「奨学生願書」及び「奨学生推薦調書」を在学校長を経て昭和村教育委員会に提出すること。用紙は教育委員会事務局にあります。
募集期間
3月23日から4月30日。5月中に決定し4月分から支給します。
お問い合わせ先
詳細については、昭和村教育委員会へお問い合わせください。
(電話 0241-57-2164)


《生涯学習》
生涯を通して楽しく学べる環境づくりを基本目標に、村民がいつでも、どこでも、だれでも学習できる機会と場所の提供を行っています。
生涯学習講座
『ヨガ体験教室(1)』 平成30年6月・7月(全2回)
◇講師:ヨガインストラクター 大竹沙紀さん(郡山市)
(1回目:6月) ヨガの呼吸法や体のほぐし方から、 時間をかけてじっくり行いました。 体の隅々まで、まんべんなく動かすことで、血流が良くなり、 徐々に柔らかくしなやかな動きになって行くことを実感しました。 ゆっくりとした深い呼吸は、心が穏やかに落ち着き、 身心共に気持ち良くリラックス出来ました。
(保健福祉課「健康づくりセミナー」合同開催)
ヨガ体験教室(1)
英会話教室(2)
『英会話教室(2)』 平成30年5月〜平成31年2月(全10回)
◇講師:エリザベス・カルグレン(昭和小中学校英語指導助手)/加藤萌絵(村内小中津川)
全10回のコースで開催予定のうち、現在2回の教室を開催しました。 文法にこだわらない気楽な気持ちで、英語に親しんでいただき、 日常に使える英会話に挑戦しています。身振り手振りを交え、 英語によるコミュニケーションを、和気藹々とした雰囲気で楽しく学んでいます。
『野菜の教室』 平成30年5月
◇講師:野菜ソムリエ 池添寛子さん(道の駅あいづ 湯川・会津坂下)
「あなたの野菜の魅力を発見しませんか」をテーマに、グループ別に、 自分で育てている野菜について話合い自慢の野菜を発表し、野菜の魅力を再確認しました。 また、野菜の簡単アレンジ洋食メニューの調理実習を行い、 打豆のトマトスパゲッティ・長芋と椎茸のアヒージョ・アスパラと卵のスープ・ トウモロコシドレッシングのサラダの4品を作り、目にも体にも美味しい料理を味わいました。 家庭で作っている野菜や地元の野菜を材料に、調理方法を少しアレンジするだけで、 いつもの野菜も様々な料理へと広がると、アレンジメニューのアイディアで盛り上がりました。 (保健福祉課「健康づくりセミナー」合同開催)
野菜の教室
少年教室
親子料理教室 平成30年6月
◇講師:昭和村食生活改善推進員
「米」をテーマに、昭和村産の米粉を使った調理実習に挑戦し、 米粉のニョッキ・米粉のフライドチキン・米粉のシフォンケーキを作りました。 また、あられやおかきの揚げ方と炒り方も体験しました。 普段食べているご飯だけでなく、「米」を原料に出来る、 料理やお菓子を美味しくいただき、「米」をもっと好きになった教室でした。
(保健福祉課「つみきクラブ」合同開催)
親子料理教室
開講式
『開講式』 平成30年4月
平成30年度少年教室開講式が行われ、 公民館長より今年度の活動についてお話しがありました。 開講式後は、今年度の活動のスタートとして、 喜多方市で環境学習を行いました。 荒川産業では、工場内の作業現場と、 リサイクルミュージアムくるりんこ(資料室)を見学し、 リサイクルの仕組みについて学習しました。 また、カイギュウランドたかさとでは、 展示室の見学や化石発掘体験を通し、 会津最後の海の世界を楽しく学習出来ました。
閉講式:ガスの出前講座 平成30年3月
公民館ロビーにおいて、 若松ガスの出前講座を開催しました。 ガスの種類や環境問題について、 ガスレンジャーブルーとショッカーに面白く、 分かりやすくお話しいただきました。 空気砲を使った圧力の実験、 液体窒素でバナナ・ティッシュ・風船・生花を凍らせる物質の変化の実験では、 子どもも大人も興味津々な様子で体験に参加し、 大変盛り上がりました。
閉講式:ガスの出前講座
スキー教室
『スキー教室』(2回) 平成30年2月
◇講師:昭和村スキークラブ
フェアリーランド金山(金山町)で開催されました。 学校で開催した2回のスキー教室での練習の成果が表れ、1年生も基礎をしっかり身に着け、きちんとしたフォームで滑ることが出来ました。 シーズン初めに比べ、児童それぞれがレベルアップした自信のある滑りを見せました。 晴天に恵まれた1回目、雪の舞う2回目共に、児童は、元気一杯ゲレンデを滑走し、スキーを楽しみました。
(主催:公民館「少年教室」/共催:昭和村スキークラブ)
千歳学級
美術鑑賞会
『美術鑑賞会』 平成30年6月
福島県立美術館で開催中の企画展「ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで」の鑑賞会を行いました。 ポーラ美術館から選び抜かれた、個性豊かな西洋美術の芸術作品をじっくり堪能しました。 また、福島市民家園を訪れ、園内に立ち並ぶ復元された民家(国・県・市文化財指定)の数々を、懐かしい思いで見学しました。
『会津の再生可能エネルギーを知る(2)』 平成30年5月
第2回目の「会津の再生可能エネルギーを知る」を開催しました。 柳津西山地熱発電所では、発電所とリニューアルしたての熱のPR館をご案内いただき、地熱発電の仕組みについて見学しました。 また、雄国太陽光発電所では、会津盆地を一望出来る丘陵地に広大に広がる、会津地域初のメガソーラー発電所を見学しました。 前回に引き続く2回の講座の開催で、会津地域で取り組まれている、再生可能エネルギーについて理解が深まりました。
会津の再生可能エネルギーを知る(2)
開級式
『開級式』 平成30年4月
平成30年度千歳学級開級式が公民館で行われました。 学級委員長には昨年度に引き続き、 山川一夫さんが選任され、 今年度も務めていただくことになりました。 開級式後は、「会津の再生可能エネルギーを知る」の第1回目として、 猪苗代第2発電所を訪れ、 水力発電について学びました。 また、関連して、十六橋水門も訪れ、 近代産業遺産と認定されたその重要性について、 水と緑の案内人の方に詳しくお話しいただきました。
閉級式:暮らしの社会見学会 平成30年3月
会津若松市「保志 アルテマイスター」で暮らしの社会見学会を行いました。 製品の材料が保管されている資材工場、 製品が出来上がる迄の作業工程を見学出来る製造工場、 様々な商品が揃ったショップなど、 説明いただきながら見学しました。 伝統の技術と材料となる木へのこだわり、 また、現代のライフスタイルに合う製品の提案など、 質問を交えながら熱心に耳を傾けていました。
閉級式:暮らしの社会見学会
天神講
『天神講』 平成30年1月
村子ども会の小・中学生と合同で開催しました。 参加した学級生から、「天神講」の謂われ、お祀りした天神様へのお祈りの唱え方、 学問成就の願いを込めた習字など、子ども達に教えながら、 子どもの頃に戻った懐かしい気持ちで伝統行事を楽しみました。 昼食には、保護者の方々の手作りのカレーとフルーツポンチを味わい、輪投げ、 フリーブロー、かるた遊びで盛り上がり、世代間の交流も深まりました。
(保健福祉課・公民館「千歳学級」共催事業)
「こんなことが学びたい」など希望がありましたら、公民館までお問い合せください。


《昭和学講座》
昭和村に生まれたことに感謝し、 昭和村で育つことに自信と希望を持ち、 昭和村で生きることに誇りと生きがいを抱くことができるように」 との願いを込めて実施している「昭和学」講座です。

日時
会場
内容

4/28(土)
14:00〜
15:00
昭和村公民館
2階 視聴覚室
  • 講話「菅家喜六「世界一周記」〜昭和6年、激動のヨーロッパ・アジアを歩く〜」(菅家喜六氏は野尻のご出身)
  • 講師 元福島民友新聞社取締役 町田 久次 氏

5/2(水)
13:40〜
15:30
昭和村公民館
2階 視聴覚室
  • 講話「新聞は未来を開く〜新聞づくりの現場から〜」
  • 昭和小・中生対象「キャリア教育講演会」を兼ねて開催
  • 講師 福島民報社喜多方支社長(中向のご出身)
         小林 和仁 氏

5/26(土)
  〜
5/30(水)
昭和村公民館
1〜2階 ロビー
  • 総合美術展 全国屈指の美術家集団「ランプ」グループ美術展
  • 書・洋画・日本画・工芸・陶芸・彫刻等、香り高い芸術作品の数々
  • 時間 9:00〜17:00(5/30は9:00〜15:00)

6/9(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 視聴覚室
  • 講話「農村に移住する若い女性と身体化される場所
         〜福島県昭和村「織姫」の語りから〜」
  • 講師 御茶ノ水女子大学 特別研究員(博士) 久島 桃代 氏

7/19(木)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
1階 和室
  • 講話「戦争の時代を語りつぐ〜樺太(カラフト)はるかなり」
  • 吉永小百合主演映画「北の桜守」の舞台、樺太。
    かつて、樺太で暮らしていた方々が、激動の時代を証言する
  • 下中津川 舟木 和男 氏ほか

8/3(金)
15:00〜
16:30
昭和村公民館
2階 視聴覚室
  • 講話「私の「風雪流れ旅」 〜本物の教育を求めて〜」
  • 「昭和村立小・中学校教職員研修会」を兼ねて開催
  • 講師 磐梯町教育長(元城北小校長・昭和小教頭)
         田中 靖則 氏

8/4(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 視聴覚室
  • 講話「夢を追って 〜手作り絵本の楽しみ〜(ギター演奏付き)」
  • 手作り絵本展も開催7/1(日)〜8/31(土)昭和村公民館
  • 講師 手作り絵本野の花文庫主宰(大芦のご出身)
         橋本 久仁子 氏

9/1(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 視聴覚室
  • 映画鑑賞と講話「奥会津の歳時記」
  • ≪春≫・ひな流し(三島)・からむし焼き(昭和)・マセ漁(金山)・サナブリ(三島)
  • ≪夏≫・虫送り(三島)・高灯篭(昭和)・燈篭流し(柳津)
  • ≪秋≫・虫供養(三島)・タイマツブチ(柳津)・供進祭(金山)
  • ≪冬≫12月12日(柳津)松迎え(昭和)山入り(金山)サイノカミ(三島町)
  • 講師 五十嵐 七重 氏 遠藤 由美子 氏

10/20(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 視聴覚室
  • 講話「南山御蔵入騒動〜享保5(1720)年、年貢に苦しむ農民たちは、ついに〜」※午前中は昭和中学校の文化祭
  • 講師 奥会津博物館文化財等研究員 渡部 康人 氏
10
11/11(日)
13:30〜
16:30
昭和村公民館
ホール、ロビー等
  • 講演会と交流会「放送大学「福島県昭和村プロジェク2018」」
  • 中村 俊彦 氏(東京大農学博士)、鈴木 彰 氏(京都大農学博士)、ホーン・ベヴァリー 氏(ライチェスター大英語教育博士)、伊藤 誠 氏(ヴァイオン奏者)、西澤 健治 氏(ピアノ奏者)ほか、夢の講師陣が来村
11
12/1(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 視聴覚室
  • 講話「会津戊辰戦争と野尻組大芦の戦い〜栗城義綱『公私摘要』を中心に〜」
  • 講師 昭和村文化財保護審議会委員長 菅家 博昭 氏
12
1/5(土)
14:00〜
15:30
昭和村公民館
2階 研修室
  • 講話「青年たちは「ペン」をにぎった〜戦前・戦後、村の青年たちが書き綴った、苦悩と歓喜の記録〜」
  • 講師 昭和村教育委員会教育長 本名 幸平
<問い合わせ先> 昭和村教育委員会事務局 電話 0241−57−2164


《昭和小学校》(村内 小学校1校)
昭和小学校
○昭和54年11月10日 現在の校舎落成
○昭和55年3月31日 下中津川小学校、大芦小学校、喰丸小学校が統合し、
  昭和小学校となる。

所在地大沼郡昭和村大字下中津川字二十苅255番地
電話0241−57−2202
学年別児童数(平成30年5月現在)
学 年
1年
2年
3年
4年
5年
6年
合計
児童数
5
6
5
3
5
4
28


《昭和中学校》(村内 中学校1校)
昭和中学校
○昭和59年8月31日 現在の校舎落成

所在地大沼郡昭和村大字下中津川字中島向1755番地
電話0241−57−2201
学年別生徒数(平成30年5月現在)
学 年
1年
2年
3年
合計
生徒数
6
4
7
17