寺の下清水
 『野尻・寺の下』
古来から飲用されてきた清水で、岩の割れ目からちょろちょろと沸き出ているが、渇水することのない名水。