代官清水
 『大芦・矢ノ原湿原』
村を視察にきた幕府巡見使の一行が、この清水で喉を潤したところ、あまりのおいしさに、代官にこれを保護するよう申しつけたという名水。